遺言状の種類

遺言状にも種類があるので説明していきます。

遺言状の種類

遺言状

遺言状には3種類のタイプがあり、自分で選ぶことが可能です。
以下に3種類の遺言状について、それぞれ説明していきます。

 

・自筆証書遺言

一番簡単な遺言状で、自分で遺言状を書いて作成するというタイプの遺言状です。 自筆証書遺言は、パソコンやワープロで書いたものは無効となりますので、必ず手書きで準備しましょう。

 

また、それ以外にも自筆証書遺言は形式や捺印、本人の署名や日付、そして全文などが漏らさず書いていないと効力が認められません。 どれか一つでも記入漏れがあるというだけで無効とみなされてしまうケースがたくさんあるのです。

 

また、遺言状が本当に本人が書いたものであるという検認を受けなければならないのです。 このように、様々なルールがあり、それをきちんと守らなければならないので手間がかかります。
しかしながら、全く無料で書くことができ、また誰の力を借りなくても書くことができますので、その点ではお得です。

 

・公正証書遺言

自筆証書遺言より本格的な遺言状といえるでしょう。 分配する遺産などが多額である場合この公正証書遺言がよく使われます。
公正証書遺言とは公証人に作成してもらう遺言状で、さらに2人の証人を必要とします。

 

証人2人の前で遺言者が公証人に遺言状の内容を読み上げて確認させ、証人と公証人の署名と捺印が行われようやく完成します。 完成した公正証書遺言は公証役場に保管されるため、誰にも改ざんされることもなければ紛失こともありません。
このように、複数の人の力を借りて、かなり手間をかけて作成する遺言状ですので、信用がおかれるものとなります。 ただし、遺言の内容に即した料金がかかり、そして証人2人の力も借りることになりますので、そういった意味では大変です。

 

・秘密証書遺言

公正証書遺言では2人の証人の前で公証人が遺言書の内容を読み上げることになるのですが、証人にも内容を知られたくないという方がいらっしゃいます。 その場合、あらかじめ作成した遺言状を封印し、公証人に提出します。

 

そのうえで、公証人と証人2人に遺言状が封印されている封筒に署名と捺印をしてもらうのです。 こうすることで公証人や証人にも内容が知られないまま、遺言状を作成することが可能になります。
かなり特殊なケースでしたか見られない遺言状ですが、秘密にしたい内容がある方にはオススメです。

以上で説明した中から、自分に適した遺言状の書き方をみつけてみましょう!

Copyright(c) 2018 【終活】遺言状の効力と書くときに抑えるポイント All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com